「運転免許を取得したい」と思ったとき、大抵の方は運転免許の必要性や費用、取得するまでの期間などを気にされているかと思います。日本で、運転免許を取得するには3つの方法があります。

1つ目は、自動車教習所で運転免許を取得する方法(以下、「教習所免許」と表記)です。「教習所免許」は、自宅から自動車教習所に通い、学科・技能講習を受講し、免許を取得する方法です。自身の都合を最優先したい時や、短期間での休みが取れない場合などに、利用されています。

2つ目は、自動車教習所や合宿での講習を受講せず、免許センターで試験を受け、免許を取得する方法(以下、「一発免許」と表記)です。自動車教習所等に通学しなくても、免許を取得することは可能ですが、人の命に関わるため、安全を守れる確かな技術を求められるので、合格率の低い試験となっています。一発試験で免許取得する方は、過去に免許を剥奪された方が利用されています。合格が困難なため、免許を過去に取得したことがない方にはオススメできません。

3つ目は、自動車教習所が定めた宿所に泊まり、短期間で集中して学科・技能講習を受講する方法(「以下、「合宿免許」と表記」)です。約2週間という短期間で取得することが可能で、教習所免許と比較して、費用も抑えることができます。長期間の休みが取れる方や、仕事上で必須な免許を短期間で取得したい方に利用されています。ここでは、合宿免許と教習所免許の比較や、合宿免許がオススメされるワケについて紹介します。