合宿は短期間で取れる

最短で免許を取得するには、合宿免許がオススメです。合宿免許は、教習所が併設した宿泊施設や便利な立地のホテルに宿泊しながら、短期間で免許を取得する方法です。食費や宿泊費が必須ですが、それを含めても教習所免許よりも費用を安く抑えることができます。それに加えて、短期間で集中的に講習を受講できるため、大抵の人がこちらで卒業しています。

より短い期間で免許取得を目指すのなら、AT限定の免許にしてはいかがでしょうか。教習時間が少なく約2週間で卒業することが可能です。技術面でも、クラッチ操作が不要なため、技能試験の難しさも大きく下がります。また、AT車の免許取得後にMT車の免許に変更することができます。自動車教習所にて少なくとも4時間の講習を受講したのちに、審査を受け合格することでMT車の免許を取得できます。

合宿免許を活用する際は、可能な限り早期に予約を済ませるようにしましょう。特に卒業前シーズン(1月~2月)や夏休みシーズン(8月~9月)は、多くの学生たちが利用するため混雑しやすく、人気のある教習所では2ヶ月前には予約が埋まってしまいます。費用をさらに抑えることもできるため、合宿免許で免許を取得したい方は早めに予約しましょう。

教習所と合宿の違い

自動車教習所で運転免許を取得する際には、教習所免許と合宿免許の2つ方法があると説明しました。現に、運転免許を取得するのにどれくらいの期間で取得できるのかみなさん知っていますか?ここでは、教習所免許と合宿免許の違いをそれぞれ比較して、運転免許の取得にかかる期間について紹介していきます。

教習所免許の場合、自身で講習スケジュールを組み込めるので、仕事や学業、アルバイトなどと並行しつつ、自分の都合のいい時間で受講することができます。しかし、法令上の規定により第一学科を受講してから9ヶ月以内に全講習を修了する必要があります。学科・技能の両方を学修しなければならないため、余裕のある講習スケジュールを組む必要があります。そのため免許を取得するのに、最短で1ヶ月、遅くても3ヶ月ほどで大勢の人が取得している一方で、10ヶ月近くかかる人もいます。

合宿免許の場合、自身で講習スケジュールを組まず、短期間で取得できるよう決められた講習が組み込まれています。AT車の場合は最短2週間ほどで、MT車の場合は約半月が一般的とされています。また、自動車教習所の中には、受講生の宿泊施設を設けて宿泊しながら講習を受けられる教習所があります。

また費用面でも、取得する免許証のカテゴリによって変動しますが、普通免許(=四輪自動車)の場合、教習所免許は35万円前後で、合宿免許は18万円前後で免許取得ができます。期間・費用ともに大きな差が生じております。

運転免許の取得方法

「運転免許を取得したい」と思ったとき、大抵の方は運転免許の必要性や費用、取得するまでの期間などを気にされているかと思います。日本で、運転免許を取得するには3つの方法があります。

1つ目は、自動車教習所で運転免許を取得する方法(以下、「教習所免許」と表記)です。「教習所免許」は、自宅から自動車教習所に通い、学科・技能講習を受講し、免許を取得する方法です。自身の都合を最優先したい時や、短期間での休みが取れない場合などに、利用されています。

2つ目は、自動車教習所や合宿での講習を受講せず、免許センターで試験を受け、免許を取得する方法(以下、「一発免許」と表記)です。自動車教習所等に通学しなくても、免許を取得することは可能ですが、人の命に関わるため、安全を守れる確かな技術を求められるので、合格率の低い試験となっています。一発試験で免許取得する方は、過去に免許を剥奪された方が利用されています。合格が困難なため、免許を過去に取得したことがない方にはオススメできません。

3つ目は、自動車教習所が定めた宿所に泊まり、短期間で集中して学科・技能講習を受講する方法(「以下、「合宿免許」と表記」)です。約2週間という短期間で取得することが可能で、教習所免許と比較して、費用も抑えることができます。長期間の休みが取れる方や、仕事上で必須な免許を短期間で取得したい方に利用されています。ここでは、合宿免許と教習所免許の比較や、合宿免許がオススメされるワケについて紹介します。